*

腰が抜けそうな感覚

[2015年07月26日(日)] カテゴリ: ブログ:投稿カテゴリ

40代男性

腰痛で来院。

痛みの感覚は腰が抜けそうな感じ。

力が入らない。

この症状の方には共通のずれ方がある。

それは非常に不安定なずれ方だ。

筋力もかなり落ちてしまうので、

骨を正しい位置に持っていった後は

筋力を上げて安定させておく事により

痛みを繰り返さない腰になってくれる。

逆に歪みがあるまま筋トレをしていると、

痛みにつながってします。

それで腰を痛くしている方を何人もみてきました。

骨がずれている所は筋肉の負担が出ている所だ。

筋肉が骨を支えているから。

ずれのある場所の筋肉は、

それ以上ずれないようにと硬くなる事で

筋肉を一生懸命支えている。

骨と筋肉を触診するといつも感じる。

筋肉は頑張っているんだなと。

筋肉は骨から骨に付いている。

その元になる骨がずれていると筋肉は負担がきています。

いくら筋肉だけをゆるめても骨のズレがある限り

また筋肉は硬くなる。

マッサージが一時的なのは、

体験者であれば、言うまでもなくご存知でしょう。

骨が正しい位置に戻っていけば筋肉は自然とほぐれます。

しかし、筋肉が硬いまま骨を動かしても

その硬い筋肉が骨を引っ張り戻してしまう事があります。

なので、骨を動かす前には十分に筋肉をほぐしてからやるのです。

当院に筋肉をやわらげる秘密兵器があります。

骨の戻りはかなりなくなり安定度が上がっている。

骨を調整すると根本的に改善する事ができる。

慢性的な痛みが出ている方は、骨のズレが必ずあります。

今まで筋肉のアプローチだけをやっていた方で

痛みを繰り返している方は、

ぜひ一度骨格をチェックしてみて下さい。

LINE
通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
品川区20%
目黒区14%
大田区16%
世田谷区12%
渋谷区3.40%
港区2.80%
その他23区約10%
荒川区/板橋区/練馬区/中央区/江東区/新宿区/台東区/文京区/千代田区/中野区/葛飾区/杉並区/江戸川区/豊島区
23区外約3%
三鷹市/立川市/府中市/八王子市/調布市/小平市/武蔵村山市/狛江市/西東京市/昭島市/多摩市/御蔵島/東久留米市
神奈川県約9%
横浜市/川崎市/その他神奈川
埼玉県約1%
さいたま市/所沢市/和光市/新座市/富士見市/春日部市/日高市/
千葉県1.7%
その他地域群馬県/静岡県/栃木県/茨城県/愛知県/大阪府/広島県/フランス/アメリカ

*