*

痛みの原因は何でしょう

[2015年08月07日(金)] カテゴリ: ブログ:投稿カテゴリ

痛みの原因とは何でしょう。

殆どの原因は、悪い姿勢や動作にあります。

自分では気付かないうちに、
偏った姿勢や楽な姿勢をとってしまいます。

痛みは、ある日突然やってくるわけではありません。

「痛み」を、コップの水に例えましょう。

空のコップが健康な痛みのない状態とします。
悪い姿勢や動きをとると、コップに水が溜まっていきます。
良い姿勢や動きをすれば水は減ります。

悪い姿勢が積み重なると水はドンドン増えます。
増えて増えて、水はいっぱいになり
さらに悪い姿勢が続くと、ついに水はあふれてしまいます。
この時が、痛みとして出てききた状態です。

ちょっと痛いけど動けるし、たいした事ない。
この間痛かったけど、何となくおさまった。

あふれそうになったけれど、良い動きがあっったので
ギリギリあふれなくてすんだ。
その状態は今にもあふれそうな状態なのです。

いままで腰が痛い事なんてなかったのに、
突然ギックリ腰になっってしまった。

何となく腰は重かったが、突然お尻から足にかけて痛みが走り出し
夜も眠れない。

すべて突然ではありません。

ちょっとした悪い動作が引き金になり、
痛みが一気に出てきたのです。
水があふれた状態です。

あふれてしまったら、私の出番です。
あふれた水を減らすお手伝いします。

その時、ご自身にも良い姿勢や動きをするように
がんばって水を減らして頂きたいのです。

水が減ってコップぎりぎりまで減らしました。
ここで痛みは消えます。
コップの水はまだ満タンに近い状態です。

この状態では、ちょっと悪い姿勢をすると
また痛みがすぐに出てしまいます。

あと少し骨を入れておくと安心です。

痛みが消えてから、さらに何回か施術をすると
コップの水はさらに減ります。
そうなると、ちょっと無理をしても大丈夫なくらいになります。

あとは定期的にメンテナンスをすれば、
いつもいい状態を保つことが出来ます。

良い姿勢をとるのはなかなか大変です。
一日中良い姿勢というのも疲れてしまいます。
でも頑張って心かけてください。

大事な大事なご自身の体です。

ストレッチや筋トレなども上手に取り入れて

痛まない体作りをしていきましょう。

LINE
通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
品川区20%
目黒区14%
大田区16%
世田谷区12%
渋谷区3.40%
港区2.80%
その他23区約10%
荒川区/板橋区/練馬区/中央区/江東区/新宿区/台東区/文京区/千代田区/中野区/葛飾区/杉並区/江戸川区/豊島区
23区外約3%
三鷹市/立川市/府中市/八王子市/調布市/小平市/武蔵村山市/狛江市/西東京市/昭島市/多摩市/御蔵島/東久留米市
神奈川県約9%
横浜市/川崎市/その他神奈川
埼玉県約1%
さいたま市/所沢市/和光市/新座市/富士見市/春日部市/日高市/
千葉県1.7%
その他地域群馬県/静岡県/栃木県/茨城県/愛知県/大阪府/広島県/フランス/アメリカ

*