*

レントゲン、MRIで異常なしと言われた方へ

[2016年06月12日(日)] カテゴリ: ブログ:投稿カテゴリ

レントゲンやMRIを撮っても特に異常なし
と言われて当院にいらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

しいて言えば、椎間板がちょっと狭くなっている程度、
と言われるケースが非常に多いです。

それでは異常がないのに、なぜ痛みが出ているのでしょう。

それは異常がないのではなく、原因が画像に映っていないのです。

画像に映らない骨の異常を細かな触診で探していきます。

痛みの原因になる骨の変性は必ず見つかります。

私にははっきりと細かなズレまでがわかります。

衣服の上から触診しても、骨が透けて見えるようにわかります。

ぎっくり腰になりやすいズレ
狭窄している方のズレ
しびれの出やすいズレ
など
それぞれ特徴的なズレがあります。

異常がないと言われているのに、なぜこんなにも痛いのか。

皆様、初めはそのつらい気持ちを抱えながら当院にいらっしゃいます。

すぐに原因はわかります。

先日、痛みの原因を説明をしましたら、途中で泣き出してしまわれた方がいらっしゃいました。

「原因がわかって良かった」

原因がわかれば、その対応をしていけば良いのです。

ただ痛い筋肉をマッサージしていても良くなりません。

原因は骨が教えてくれます。

レントゲン、MRIで異常なしと言われた方。

ぜひ一度いらしてみてください。

LINE
通院回数目安
地域別来院割合詳細データ
品川区20%
目黒区14%
大田区16%
世田谷区12%
渋谷区3.40%
港区2.80%
その他23区約10%
荒川区/板橋区/練馬区/中央区/江東区/新宿区/台東区/文京区/千代田区/中野区/葛飾区/杉並区/江戸川区/豊島区
23区外約3%
三鷹市/立川市/府中市/八王子市/調布市/小平市/武蔵村山市/狛江市/西東京市/昭島市/多摩市/御蔵島/東久留米市
神奈川県約9%
横浜市/川崎市/その他神奈川
埼玉県約1%
さいたま市/所沢市/和光市/新座市/富士見市/春日部市/日高市/
千葉県1.7%
その他地域群馬県/静岡県/栃木県/茨城県/愛知県/大阪府/広島県/フランス/アメリカ

*